2012年1月13日金曜日

【お洒落(?)】HyperJuice Mini【充電池】

充電池を探していた。きっかけはiPhoneの給電のための充電池の充電を忘れるという二重の頓智な失敗をしばしば行なっており、購入に踏み切ったのは先日福岡から帰ってくる際にまたiPhoneと充電池の充電を怠っていてサービスエリアで電池を4個も買うはめになったからだ。金の問題ならいいのだがeneloop KBC-D1DSは電池の電圧の関係でiPhoneにうまく給電できないときがある、電池寿命に関係なく。そんなときHyperjuiceが目についた

モデルが奇抜なのはご愛嬌


 いつもレビューなどはマイペースに更新しているがHyperJuice Miniのブログレビューは検索してもなかなか出て来なかったのでこの際しっかり書いてみたい。


箱はこんな感じ。iPhoneへの給電を想定していることから、箱もiPhone/iPodTouchを意識した作り。

内容物はふたつのUSBケーブル。DC USBケーブルとmini USBケーブル。どちらでも充電できる。


実際の製品はこんな感じ。洗練された外観にはキュートさも伺える。色は10種類あるが、紫をチョイスした。好きなんです、こういうの。


入力は5Vの端子とmini USB。出力はUSB端子から。ちなみに5V入力で給電するとmini USBよりも早く充電できる模様。


東北応援ねんどろいど・ミクさんとの比較。縦はまぁまぁある。


筆記用具と同等の長さほどかな。






しかし面積の割には厚さはないのでカバンの中身にもすっぽり入る。これを望んでたんですよね。eneloopのKBC-L54Dはビジネスライクなバッグに入れるにあたってサイコロチックすぎたんですよね。かさばる。ところで最近無線給電できるeneloopも発売されたとか。sanyoさん頑張ってるね。


購入の理由は冒頭にも述べたように
①何度もiPhoneが充電できる(メーカーは6回と述べている)
の他に、
②デザインが僕好み。これは見ればわかるでしょう
③メーカーの正規品

というのがあります。
特に③が大きい。eneloop以外まともなメーカー充電池がないので、少し高くてもメーカー品が欲しかったというのがあります。
あとminiやmicroやnanoではなく、無印のHyperJuiceを買うことも一度検討しました。それだとMacBookPro13inchも半日分ほど給電できる。しかし最近は喫茶店や図書館にいってもiPhoneで事を済ませることが多く、そうでないなら公共のPCを使うかだ。無印HyperJuiceはMiniより値段も重量も上昇するので人を選ぶ品かもしれません。僕はMiniを選択しました。

以下は仕様です


容量 7200mAh
バッテリー種別リチウムイオン
出力電圧5V
出力電流2.1A
充電電圧5V
充電電流1.0A (AC-DC使用) / 500mA (Mini USB使用)
安全対策過充保護/過放電保護/回線遮断
インジケータ表示4段階に変化するインジケータLED
サイズ132×79×14 mm
重量237g
本体充電時間7~8時間
対応デバイスApple iPad/iPhone/Android(一部機種を除く),その他USBデバイス
同梱内容HyperJuice Mini 本体 / 充電用 Mini USBケーブル / 本体充電用 DC-USBケーブル
カラーBlack, Silver, Gun Metal, Gold, Green, Blue, Red, Orange, Purple, Pink(全10色)


いい製品です。ご賞味あれ

2 件のコメント:

  1. 参考にさせて頂いて、本日購入しました!
    その後の使い勝手はどうでしょうか?
    外見にも傷が付いたりして、良い感じですか?ー

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    追記するのを忘れましたが、USBの接続口の接着が悪いせいか陥没してもう随分前に使うのをやめました。結局以前使っていたエネループを使い続けています。

    購入した理由のひとつにメーカー正規品と述べましたが、サポートも受けられず散々でした。

    u1nagaseさんの製品が粗悪品でないことを祈ります

    返信削除